2011年10月18日

直球な気持ち

老夫婦と60歳代の夫婦の4人組。
いらっしゃ〜い。

おじいさんは食べる気満々exclamation他の家族がまだ注文するものを
決定しないことに手持ちぶさたで、麦茶を飲むー(長音記号2)

注文をいただいた。
あれれ?「ぶっかけ小とかけ小」二つですか?

「はい」という言葉を聞いて、複雑な気持ちを抑えながら作る。

清算をして、席に持って行った。
が、おじいさん、お膳持ってまだ待ってますがなー(長音記号1)

「もう持って行ったよ〜」と言うとビックリしたような感じで
席の方へ行った。

お年寄りだったとしても、入店してすぐから「ざる」だの「かけ」だの
言って、食べるのを楽しみにしてくれていたようなのに
一杯も食べられないのは、正直な気持ち、可哀想な気がした。

一人一杯。当然としてお願いしたいところ。
だけれど、子どもさんやお年寄りは仕方ないのかもしれない。

でもあんなに欲しがっていたのに。。。。
食べてもらえなくて、残念。
posted by ひでみっちゃん at 21:08| 香川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。